『メスなし!キズなし!簡単バストアップ豊胸』

特殊な光で安全にバストアップ&バストデザイン

名古屋市中区のエステ・ネイルサロン Slender(スレンダー) メスを使わない光豊胸施術キャンペーン
バストが小さい、下垂が気になる、左右のバランスが悪い、ハリが無いなど、光豊胸はバストに関するお悩みの改善が期待できる救世主的技術です。

光豊胸とは

従来のメスを入れたり異物を挿入したり無理な力で吸引したりなどの方法ではなく、新しい波長の光を乳房に照射し、血液やリンパの循環を促進させ、乳房内の脂肪細胞の栄養吸収力を高めていく、メスを入れることのない画期的な方法です。

理想のバスト 

〜まずは自分のバストの状態を知りましょう〜

大きさ 身長×0.53
半球形
黄金比率 鎖骨の中心から左右のバストアップまでの接点が正三角形。
バストアップの位置が肩と肘の中間あたりにあり、左右のバストトップの距離が顔とほぼ同じならベスト

バストが小さい主な原因

  • 遺伝
  • ストレス(思春期の過酷な受験勉強、失恋など)
  • 夜更かし
  • 偏った食生活(インスタントやファストフードなど)
  • 過酷な運動、運動不足

遺伝も残念ながら全く関係ないとはいえません。ストレスを感じやすい性格であったり、運動が苦手であったり、これも遺伝の影響であると考えることもできます。また、体格や体質も影響していて、猫背であったり、太りにくい(脂肪がつきにくい)人はバストが小さい傾向にあります。

しかし、同じ親から生まれ、同じ環境で育った姉妹でも姉は小さいのに妹は大きい、お母さんは小さいのに娘は大きい、またはその逆も少なくはありません。そう考えると、遺伝そのものよりもバストの成長期のストレスや生活習慣の影響が大きいと考えたほうが自然かもしれません。

成長期を過ぎた方でもストレス、夜更かし、偏った食生活、運動不足はバストアップの大敵です。

また、日本人のバストは谷間ができにくいといわれています。日本人の骨格は欧米人と違って横に楕円の状態になっており、胸部を輪切りにすると欧米人は円に近いのに対し、日本人は楕円に近く、バストの位置も欧米の女性はバストポイントが前に出ているのに対し、日本人は体の中心から放射線状についています。したがって、日本人のバストは脇に流れやすく、胸の谷間ができにくいのが実情です。

バストケア・バストアップはご自身の気持ちも非常に重要なので、まずは正しい理解をすることが大切です。

バストは女性にとってセクシーで魅力的な部分であり、もはや必須アイテムといってもいいかもしれません。バストはオマケではなく体の中で最も大切なパーツです。

「ブラジャーで寄せて上げてバストアップ」という他力本願なその姿勢は、女性としての魅力を弱めてしまいます。もちろん、補正下着などの日々支えてあげる下着も大切ですが、本来のバストが脇やお腹に逃げていては意味がありません。

バストラインは努力次第で変わります。出産しても、年を重ねても、女性にとってバストは大切な存在ですので、日々バストアップを心がけましょう。

『バストぽっちゃり女子作成中』

特殊な光で安全にバストアップ&バストデザイン

名古屋市中区のエステ・ネイルサロン Slender(スレンダー) メスを使わない光豊胸施術キャンペーン
バストが小さい、下垂が気になる、左右のバランスが悪い、ハリが無いなど、光豊胸はバストに関するお悩みの改善が期待できる救世主的技術です。

光豊胸とは

従来のメスを入れたり異物を挿入したり無理な力で吸引したりなどの方法ではなく、新しい波長の光を乳房に照射し、血液やリンパの循環を促進させ、乳房内の脂肪細胞の栄養吸収力を高めていく、メスを入れることのない画期的な方法です。

理想のバスト 

〜まずは自分のバストの状態を知りましょう〜

大きさ 身長×0.53
半球形
黄金比率 鎖骨の中心から左右のバストアップまでの接点が正三角形。
バストアップの位置が肩と肘の中間あたりにあり、左右のバストトップの距離が顔とほぼ同じならベスト

バストが小さい主な原因

  • 遺伝
  • ストレス(思春期の過酷な受験勉強、失恋など)
  • 夜更かし
  • 偏った食生活(インスタントやファストフードなど)
  • 過酷な運動、運動不足

遺伝も残念ながら全く関係ないとはいえません。ストレスを感じやすい性格であったり、運動が苦手であったり、これも遺伝の影響であると考えることもできます。また、体格や体質も影響していて、猫背であったり、太りにくい(脂肪がつきにくい)人はバストが小さい傾向にあります。

しかし、同じ親から生まれ、同じ環境で育った姉妹でも姉は小さいのに妹は大きい、お母さんは小さいのに娘は大きい、またはその逆も少なくはありません。そう考えると、遺伝そのものよりもバストの成長期のストレスや生活習慣の影響が大きいと考えたほうが自然かもしれません。

成長期を過ぎた方でもストレス、夜更かし、偏った食生活、運動不足はバストアップの大敵です。

また、日本人のバストは谷間ができにくいといわれています。日本人の骨格は欧米人と違って横に楕円の状態になっており、胸部を輪切りにすると欧米人は円に近いのに対し、日本人は楕円に近く、バストの位置も欧米の女性はバストポイントが前に出ているのに対し、日本人は体の中心から放射線状についています。したがって、日本人のバストは脇に流れやすく、胸の谷間ができにくいのが実情です。

バストケア・バストアップはご自身の気持ちも非常に重要なので、まずは正しい理解をすることが大切です。

バストは女性にとってセクシーで魅力的な部分であり、もはや必須アイテムといってもいいかもしれません。バストはオマケではなく体の中で最も大切なパーツです。

「ブラジャーで寄せて上げてバストアップ」という他力本願なその姿勢は、女性としての魅力を弱めてしまいます。もちろん、補正下着などの日々支えてあげる下着も大切ですが、本来のバストが脇やお腹に逃げていては意味がありません。

バストラインは努力次第で変わります。出産しても、年を重ねても、女性にとってバストは大切な存在ですので、日々バストアップを心がけましょう。

光豊胸・光バストデザインの仕組み

膨らんだバストは持続性が高く、戻りにくい性質があります。
※無理なダイエットや合わない下着の圧迫などの作用は除く

スレンダーが行う光豊胸・光バストデザイン、4つの特徴

光による直接的な作用

脂肪細胞の浸透圧を下げて個々の細胞を太らせる
凝固した組織液に光を当て暖める事で組織液を液状化し、流れを良くします。組織液に圧迫されていた脂肪細胞への圧力が弱まり、脂肪細胞は膨らみやすくなります。

光による間接的な作用

クーパー靭帯を強化し太く張りをもたせる
核細胞(繊維芽細胞)を活発にし、コラーゲンを増幅させクーパー靭帯に張りを持たせ太くします。

光による内部的な作用

脂肪細胞の栄養吸収率を高め膨張させる
光を当て暖まると膨張し、膨張した部分に栄養分が吸収されます。栄養分が定着するとそのまま膨らんだ脂肪細胞となります。

血液・リンパの流れを改善し、代謝を促進させる
血管を膨張させ血流を改善します。血液・リンパの流れを改善する事で、代謝を促進させます。同時に美肌効果も得られます

光による特殊な作用

女性ホルモンの分泌を促しホルモンを安定化させます
乳腺を刺激し、脳下垂体が卵巣に働きかけ、女性ホルモンの分泌を促し脂肪細胞が増加します。

光豊胸施術1回目 BeforeとAfterの様子

バストの構造

バストは、10%の乳腺と90%皮下脂肪で構成されており、この構成比によって弾力や、ハリ、形に差が生まれます。

皮下脂肪が多いと柔らかいため、形がくずれやすく、乳腺が多ければ、硬く動きにくいため、垂れにくく、くずれにくいと言われています。そして、バストを支える土台となるのが大胸筋です。さらには、乳腺と皮下脂肪をクーパー靭帯と呼ばれる繊維(コラーゲン層)の束が支えています。そして、乳房全体を包み込む表皮も加えて、バストの全体の美しさとなっているのです。

また、バストの成長には、間脳にある視床下部というところがコントロールし、分泌される女性ホルモンの影響を強く受けます。美しく、豊かなバストをつくるには、こういった構成要素を理解し、女性ホルモンの促進なども含めて、しっかりとした専門ケアが必要です。

Bust 料金を見る